木板から切り出してつくる 国産材ハンガー

木製ハンガーをつくるワークショップ。糸鋸などの電動工具を使いながら加工し、ヤスリで磨いたのち、蜜蝋ワックスで仕上げます。3つお作りいただけますので、それぞれコート用、スーツ用など、分けてつくったり、焼きペンを使って焦がして文字やマークなどを書くこともできます。電動工具や糸のこ盤などを使ったことがなくても、不器用で不安でも大丈夫です!失敗した!難しくてできない!と思ったらすぐに講師を呼んでください。しっかりと完成までサポートします。もちろん、少しの失敗は「味」として残しておくのもOKです。自分でつくったハンガーはやっぱり買ってきた物とはひと味もふた味も違いますよ♪

サブ画像 サブ画像
所要時間

約3時間

当日の流れ

  • まずは糸鋸(いとのこ)などの電動工具を使いながらカット

  • だいたいの形状に加工できたら、ヤスリで丁寧に磨いていきます

  • 最後は、こどもがなめても安心な自然の塗料である「蜜蝋ワックス」を使って丁寧に塗り上げていく

使う道具
  • コンペックス
  • 糸鋸
  • ヤスリ
  • 蜜蝋ワックス
講師紹介
一般財団法人KILTA スタッフ/&kidea.代表 白濱 匠太郎

18歳から電動工具メーカーに勤務し、営業として6年間にわたりホームセンターなどで工具の実演及びワークショップを年間200回以上開催。2014年DIY専門店「DIY FACTORY OSAKA」のオープンに携わり、その後、同店の店長を務める。ほぼ毎日開催される木工や溶接ワークショップの講師として活躍し、電動工具を使ったDIYに関する知識やノウハウを磨くとともに、DIYの可能性を拡げるワークショップ企画を行う。2016年独立。&kidea.設立。

申し込む
一覧に戻る