ひびのて
~ つくる暮らしに出会う場所 ~

手でつくることで、わたしたちの暮らしはいったいどう変わるのか。

いまや、DIYやセルフリノベーションに取り組む人は、全国各地に登場しています。一方で、多くの人にとっては、何をつくることは、忙しい毎日であまり優先順位は高くなっていないように思うのです。時間やお金のある人の単なる趣味から、暮らしを支える「生活技術」に、そのつくる力はなりうるのか。

本イベントでは、ものづくりのノウハウではなく、つくる力がどのように心地良い暮らしをうみだすのか。実践者の方々のお話をひきだしながら、みんなで考えてみたいと思います。

ようこそ、手がうみだすたくさんの暮らしにであえる1日へ。


<参加費>
一般参加者:無料
企業及び団体
・出展費用:20万〜
・協賛費用:10万〜(1口)

<運営>
主催:一般財団法人KILTA
共催:非営利型株式会社Polaris

サブ画像 サブ画像
所要時間

約5時間

当日の流れ

  • 1つめの柱は「トークセッション」。今回は2つのセッションを準備しました。1つめは、「◎◎ ✕ つくる力」。2つめは、「●●✕つくる力」。最初のセッションでは、ゲストに◎◎◎◎をお呼びし、現場の第一線で取り組まれているお話を伺います。最後のセッションは、◎◎◎◎がゲスト。一方的な講演ではなく、会場のみなさんの意見や質問をおりまぜながら、クロストーク形式で進行したいと思います。

    <ゲスト:◎◎◎◎さん>
    プロフィールが入ります。

  • 2つめの柱は、「ワークショップ」。介護や子育てなど、人生に起こりうるいくつかのテーマにわけて、そのライフステージを支える「つくる力」の可能性を体験いただくワークショップです。たとえば、「介護 ✕ 溶接」。手すりを溶接でつくり、壁につけてみるなど、実用性のあるものづくり体験を、ワークショップを通じて体感いただきます。

    <WS①:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <WS②:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <WS③:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <WS④:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <WS⑤:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <WS⑥:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

  • 3つめの柱は、「ブース展示」。DIYやリノベーションに関する資材を扱うメーカーや、メディアなどを中心に、サービスや新たな商品を紹介していただきます。ブース展示でも、その商品やサービスが、暮らしのどこで役にたつのか?テーマに基づいて、わかりやすく紹介していただくことになっています。ぜひ、日々の暮らしを明日から心地よくする様々な出逢いがありますように。お気軽に足を運んでもらえれば嬉しいです。


    <出展者①:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <出展者②:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <出展者:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <出展者③:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <出展者④:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <出展者⑤:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

    <出展者⑥:◎◎◎◎>
    プロフィールが入ります。

使う道具
  • 動きやすい服装
講師紹介

<ワークショップの講師について>

 

くわばらゆうき <一般社団法人KILTA 代表理事>

東日本大震災をきっかけに、奇跡の一本松で知られる岩手県陸前高田市で起業。活動当初は、地元住民とともにセルフビルドでの集会所づくりに取り組む。現在は、活動範囲を全国に拡大し、「DIT」(do it together)をコンセプトに、個人宅・オフィス・お店などをみんなでつくる「空間づくりワークショップ」を実施している。国産材を主な素材に家具・内装キットを開発するほか、2018年1月には一般財団法人KILTAを設立。だれでも空き時間を活かして働けるようワークショップのインストラクター育成講座と拠点づくりを推進している。

 

くわばらゆうき <一般社団法人KILTA 代表理事>

東日本大震災をきっかけに、奇跡の一本松で知られる岩手県陸前高田市で起業。活動当初は、地元住民とともにセルフビルドでの集会所づくりに取り組む。現在は、活動範囲を全国に拡大し、「DIT」(do it together)をコンセプトに、個人宅・オフィス・お店などをみんなでつくる「空間づくりワークショップ」を実施している。国産材を主な素材に家具・内装キットを開発するほか、2018年1月には一般財団法人KILTAを設立。だれでも空き時間を活かして働けるようワークショップのインストラクター育成講座と拠点づくりを推進している。

 

くわばらゆうき <一般社団法人KILTA 代表理事>

東日本大震災をきっかけに、奇跡の一本松で知られる岩手県陸前高田市で起業。活動当初は、地元住民とともにセルフビルドでの集会所づくりに取り組む。現在は、活動範囲を全国に拡大し、「DIT」(do it together)をコンセプトに、個人宅・オフィス・お店などをみんなでつくる「空間づくりワークショップ」を実施している。国産材を主な素材に家具・内装キットを開発するほか、2018年1月には一般財団法人KILTAを設立。だれでも空き時間を活かして働けるようワークショップのインストラクター育成講座と拠点づくりを推進している。

 

くわばらゆうき <一般社団法人KILTA 代表理事>

東日本大震災をきっかけに、奇跡の一本松で知られる岩手県陸前高田市で起業。活動当初は、地元住民とともにセルフビルドでの集会所づくりに取り組む。現在は、活動範囲を全国に拡大し、「DIT」(do it together)をコンセプトに、個人宅・オフィス・お店などをみんなでつくる「空間づくりワークショップ」を実施している。国産材を主な素材に家具・内装キットを開発するほか、2018年1月には一般財団法人KILTAを設立。だれでも空き時間を活かして働けるようワークショップのインストラクター育成講座と拠点づくりを推進している。

 

くわばらゆうき <一般社団法人KILTA 代表理事>

東日本大震災をきっかけに、奇跡の一本松で知られる岩手県陸前高田市で起業。活動当初は、地元住民とともにセルフビルドでの集会所づくりに取り組む。現在は、活動範囲を全国に拡大し、「DIT」(do it together)をコンセプトに、個人宅・オフィス・お店などをみんなでつくる「空間づくりワークショップ」を実施している。国産材を主な素材に家具・内装キットを開発するほか、2018年1月には一般財団法人KILTAを設立。だれでも空き時間を活かして働けるようワークショップのインストラクター育成講座と拠点づくりを推進している。

申し込む
一覧に戻る