ナビ
       ナビ

Copyright© KILTA All Right Reserved.

   

プログラム

「心身健美」な日常へ。変化のきっかけと出逢う3日間

63,000(税込)

送迎希望(名張駅-現地まで往復):+2,000円(税込)

日時 2024年6月28日(金)〜30日(日)
場所 奈良県曽爾村+宇陀市

宿泊:イトグチヤ
(奈良県宇陀市室生下田口2437)
集合 送迎希望の方:近鉄線「名張」駅
自家用車の方:プライベートキャンプ場TOPOS
      (奈良県曽爾村伊賀見1475)
定員 10名(最小催行人数5名)

*最小催行人数に満たない場合は中止となります。
 あらかじめご了承ください。
備考 ・参加費は宿泊費(食費含)+プログロム費用の合計

<内訳は以下の通り>
・プログラム費:30,000円
・宿泊(イトグチヤ)+食事代:33,000円

<オプション>
・送迎(名張駅集合/解散):2,000円
*名張までの交通費別途。ご自身での手配となります。

おすすめプログラム

「すこやかさ」とは何でしょうか。

 

辞書には「からだが丈夫で元気なさま」「心身が健全であるさま」とあります。心身とは、字の表す通り、心と身体の意味であり、より心に焦点のあてられた言葉です。

 

「肩が痛いな」「腰が辛い」という体の悩みと、「気が重いな」「気分がのらない」という気持ちの悩みを、日常のなかでバラバラに感じることは多いように思います。でも、身体と心が一体になっているのが本来の自分のはず。

 

例えば、登山やキャンプなど、自然のなかに身を置くことで気持ちや身体をリフレッシュする人もいると思います。ですが、日常生活に戻れば、いつもと変わらず、疲れきった状態に後戻りしてしまう。

 

心身が健全であるためには、外側の要因である環境の変化だけでなく、内面の変化が必要であると私たちは考えます。理性と欲求、自信と謙虚さ。そんな対立する要素のバランスがとれることが、心の柔らかさや回復する力を保つことにつながります。

 

今回、私たちはこうした外側と内側からアプローチすることで「心身健美(しんしんけんび)」な日常へのきっかけづくりにつながる時間をうみだします。舞台は奈良県、奥大和の秘境と呼ばれる曽爾(そに)と宇陀(うだ)。

 

日々をあなたらしく生きるための「ちからづよさ」と「しなやかさ」。日本の原風景の残る美しい里山で、見つけていただけることを願い、心よりお待ちしております。


お問い合わせ先:曽爾プレイフルジャーニープロジェクト(主催)
運営パートナー:一般財団法人KILTA(キルタ)

POINT

心と向き合い、ゆるめる

ボーダ

この時期は、いのちの息吹を感じる新緑の季節。緑の絨毯に覆われた「曽爾高原」や、力強さに溢れた柱状節理の岩山をダイナミックに眺められる「屏風岩公苑」などを散策したり、ネイチャーセラピーや気功瞑想を通じて「自然のリズム」と「身体のリズム」にじっくりと向きあっていきます。他にも薪窯を使ったり、摘みたてハーブを香ってクッキングなども実施。最終日には森のなかでゆっくりと身体の緊張を解きほぐし、やわらかさを取り戻す「森のなかでトリーメントとフットバス」の時間もご用意しています。

心身健美に導く案内人

ボーダ

3日間を通じて、心と身体の変容を導いてくれる道先案内人の一人がクレメンツかおりさん。1984年にフランスでアロマテラピーに出会ったことをきっかけに各国で自然療法を学び、1966年から自然療法の専門家を育成するスクールを開校。近年は生まれ育った宇陀を拠点に「精霊の森」を主宰し、日本の伝統的な薬草文化を継承する活動に重点を置きながら、「グランソール奈良」のレストランにて監修も行っている方で、あらゆる自然の恵みを暮らしに生かす自然療法を提唱されています。

築100年を超える古民家宿

ボーダ

宿泊は1日2組限定の古民家宿「イトグチヤ」。心の落ち着く空間で、様々な形の対話を通して「心地よさ」を探る時間をご用意しています。例えば、小説にアテンドしてもらいながら、自らが主人公となって「心地よさ」について一晩じっくり考えることや、サウナストーブ付き茶室、小さな珈琲焙煎所なども活かし、「自分との対話」やこの場・この瞬間に「出逢う誰かとの対話」を必要としている方にぴったりのお宿です。

購入・寄付でサポートする

s
一覧に戻る
  • 前へ
PAGE TOP